Bリーグ開幕戦は、世界で初めて公式戦での全面LEDコートに、国内最大級の大型ビジョンを採用するなどエンターテインメント性に富んだカードとなりました=2016年9月、渋谷区の国立代々木競技場 (写真報道局・松本健吾撮影)

いよいよ9月にBリーグ セカンドシーズン開幕 選手の顔つきと意識を変えた1年目

ODEKAKE, INFORMATION

 2016年に誕生した男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」(Bリーグ)。2つに分裂していた「NBL」(ナショナル・バスケットボール・リーグ)と「bjリーグ」(日本プロバスケットボールリーグ)が紆余曲折を経て統合し、Bリーグとして新たなスタートを切りました。
 1年目は、野球、サッカーに次いで3番目となる〝プロ化〟された団体競技スポーツとして、バスケットボール界の新たな幕開けとなり、開幕戦から初代王者を決めるチャンピオンシップまで、加速度を増して盛り上がる1年となりました。

#

Bリーグ初代チャンピオンとなり、歓喜にわく「栃木ブレックス」=2017年5月27日、東京都渋谷区の国立代々木競技場 (写真報道局・佐藤雄彦撮影)


 そして、いよいよ9月からは、セカンドシーズンが始まります。
 そこで、選手の契約や移籍の際のルール作りをはじめ、各クラブの興業のマニュアル作りなどを担うBリーグ競技運営部長の増田匡彦さんにファーストシーズンを振り返っての成果と2年目に向けての課題についてお話を伺いました。

#

「選手もベンチも顔つきや態度、発言が変りました」と話すBリーグ競技運営部長の増田匡彦さん=東京都文京区後楽 (写真・田中幸美)


 ファーストシーズンの開幕戦では、普通の木目のコートではなく、世界で初めて公式戦での全面LEDコートに、国内最大級の大型ビジョンを採用、LEDビジョンで表現されるCGバスケットコートの上で、選手の動きに合わせた演出を行うというエンターテインメント性の非常に高い演出で話題となりました。

#

世界で初めてのLEDコート、地上波での放送などなにかと話題となったファーストシーズンの開幕戦=2016年9月22日、東京都渋谷区の国立代々木競技場 (写真報道局・松本健吾撮影)


 開幕戦は地上波で放映され、多くの人が注目することとなり、一気に認知度が上がりました。
 「まず選手の顔つきが変りましたね。見られているとかバスケット界を背負っている、あるいはバスケットをメジャースポーツにしたいという本気さが選手の顔つきやプレーに出ていました」と振り返ります。それは、観客を引きつけるし、選手自身の評価にもつながります。
 たとえば、「ブースター」と呼ばれる熱狂的なファンの声援に後押しされる形で今まで出せなかった力が出せたり、より責任感を強く持つようになったことがプレーの質の向上につながっていくと指摘します。「そこが一番の成功ですね」と増田さん。

#

Bリーグは、観客と選手の近さがセールスポイントになります=2017年5月13日、東京都渋谷区の国立代々木競技場 (写真報道局・佐藤雄彦撮影)


 さらに、そうした変化は選手だけでなく、ヘッドコーチなどベンチサイドにも波及しているといいます。
 Bリーグは、▶世界に通用する選手とクラブの輩出エンターテインメント性の向上夢のアリーナの実現―という3つのビジョンを挙げています。
 そんな中で、純粋に試合を観に来てくれるお客もいますが、試合前にコンサートがあったり、ハーフタイムにライブやパフォーマンスがあったりすると、試合以外の楽しみという付加価値を付けることができます。それが、客の満足度アップにつながるといいます。
 「ディズニーランドはミッキーに会うだけでなく、ディズニーに行くこと自体が目的になる。アリーナもそういう非日常的な空間になってほしい」と話します。

#

チャンピオンシップ・ファイナルで川崎ブレイブサンダースを下して初代王者となった栃木ブレックス。田臥は優勝の原動力となりました=2017年5月27日、東京都渋谷区の国立代々木競技場 (写真報道局・佐藤雄彦撮影)


 毎週末ある日常的な試合で、毎回目新しいイベントはなかなかできませんが、「来てくださったお客さんに対するホスピタリティはきちんとしましょうと各クラブには伝えています」と増田さん。
 たとえば、会場のゴミ箱の数や観客の動線など細かいルール作りをしている真っ最中です。その一環で各クラブに覆面調査員を派遣しているそうです。
 「お客さんと向き合って満足度を上げていくことが一番の課題」と話していました。


◆セカンドシーズン開幕を記念して、メトロポリターナ読者に、関東地区での5つのカードに各5組10人計50人を招待します。開幕マッチは、9月29日(金)横浜ビー・コルセアーズVS滋賀レイクスターズ(横浜文化体育館)、29日(金)川崎ブレイブサンダースVS名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(とどろきアリーナ)、10月7日(土)サンロッカーズ渋谷VS三遠ネオフェニックス(青山学院)、7日(土)千葉ジェッツVS京都ハンナリーズ(船橋アリーナ)、9日(月)アルバルク東京VS新潟アルビックスBB(駒沢体育館)。
プレゼントの応募は、こちらから。https://metropolitana.tokyo/ja/present




LATEST POSTS