手前から時計回りに、『カヴァルマ』、季節の野菜の肉詰め『ドルマ』、ブルガリアの前菜盛り合わせ (イメージ)

《銀座一丁目》“日本唯一”のブルガリア料理専門店「ブルガリアンダイニング」がリニューアルオープン

GOURMET

 東京・八重洲にあった、日本で唯一のブルガリア大使館公認レストラン「ブルガリアンダイニング ソフィア」がこのほど、「ブルガリアンダイニング トロヤン」と店名を変え、中央区銀座にリニューアルオープンしました。

 モーニングは『和洋ビュッフェ』、ランチタイムは『ブルガリアンビュッフェ』、ティータイムは、ブルガリア料理専門店ならではの『スイーツビュッフェ』、ディナータイムには、ブルガリアの郷土料理を堪能できます。

 ブルガリアといえば、ヨーグルト! スープや煮込み料理に使用したり、水切りしたサラダにしたりと、ヨーグルトはブルガリア料理に欠かせない食材です。

 代表的な料理の一つは、一晩水切りしたヨーグルトを使ったサラダ『スネジャンカ』(940円)。ハーブのディルやキュウリ、くるみ、にんにくなどを混ぜ込んだクリーミーなこのサラダの名前は、ブルガリア語で「白雪姫」を意味するそうです。

 また、ヨーグルトの冷製スープ『タラトル』(540円)もお勧めです。

『スネジャンカ』(ドンピエールグループ提供)


 このほか、前菜では、ブルガリア名産のホワイトチーズ「シレネ」をたっぷりかけた『ショプスカサラダ』(1100円)、メイン料理では、豚肉と野菜の煮込み『カヴァルマ』(1800円)や、ほうれん草を練りこんだブルガリア風ハンバーグ『キュフテ』(1800円)など、おいしい料理がいっぱいです。

『ショプスカサラダ』(ドンピエールグループ提供)


『キュフテ』(ドンピエールグループ提供)


 もちろん、ドリンクも充実。ヨーグルトドリンク『アイリャン』(580円)などのソフトドリンクに加え、『アイリャンカクテル』(940円)や、ワイン、ブランデー、ビールなども楽しめます。

『アイリャン』と『アイリャンカクテル』(イメージ)


 ブルガリアの伝統織物や民族衣装など、エキゾチックなインテリアで統一され、天井も高く明るい雰囲気の店内で、ヘルシーな“本場の料理”を味わってみてはいかがでしょうか。

「ブルガリアンダイニング トロヤン」の店内(ドンピエールグループ提供)


ブルガリアンダイニング トロヤン

所在地:中央区銀座1-9-5 ホテルユニゾ銀座一丁目1階

営業時間:7:00~23:00(料理L.O. 22:00/ドリンクL.O. 22:30)

電話番号:03-6264-4844

http://dompierre.jp/troyan/



LATEST POSTS