城ヶ島公園でも開かれる屋外図書館

三浦半島の〝あるがまま〟を楽しむ 東大と京急グループの共同研究がツアーに


 都会から近く、手つかずの自然が楽しめる神奈川県南東部の三浦半島。鎌倉や葉山など有名スポットも位置しますが、観光地化されていない新たな魅力を発見するツアー「三浦Cocoon(コクーン)」が7月21日(土)、22日(日)に開かれます。「〝あるがまま〟を楽しむ」をテーマに自転車で街をめぐり、バーベキューで地元の食材を味わう―ゆるやかで、温かみを感じる時間を体験できそうです。

 ツアーはコースを定めず、京急油壺マリンパーク(三浦市三崎町小網代1082)で受け付け後はレンタサイクルで街を散策します。協力するドーナツ店や書店で時間を過ごしても、割り引きで楽しめるシーカヤックや釣りを体験しても自由です。

ツアーに協力するミサキドーナツのメニュー


 15:00からは県立城ケ島公園(三浦市三崎町城ケ島)の特設会場で、写真のワークショップや屋外図書館、児童合唱団のステージを開催。17:00からはバーベキューやたき火のほか、宿泊者は星空観察も体験できます。


NEXT: 東大と京急グループが共同研究



LATEST POSTS