illustration&text: 黄身子

《今日も恋するARTガイド》ヌード NUDE ー英国テート・コレクションより


恋愛不器用で何かとこじらせがちな女子、「空回りちゃん」。
そんな乙女の恋するハチャメチャ劇場を入り口に、オススメのアートをゆる〜くご案内します。

ヌードが表現するものは?

 空回りちゃんが思わず連想してしまったみたいに、古来、美術とヌードは切っても切れない間柄。ヌードは画力の訓練に使われたり、政治的なモチーフとして描かれたりと、たくさんの意味を持ってきたのです。横浜美術館で開催中の「ヌード」展では、妖艶な彫像から、身体を幾何学的に描いた抽象絵画まで、裸体をモチーフにしたさまざまな作品が集められています。時代や表現様式によってまったく違う身体像を、作品が生まれた時代背景とともにたどれば、美術史の流れだけでなく、人間の思想の展開も見えてきます。身体という身近なモチーフの奥深さにきっと驚く、見応えたっぷりの展覧会です。

ヌード NUDE ー英国テート・コレクションより

会期:6月24日(日)まで
会場:横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3-4-1)
開館時間:10:00 ~18:00
休館日:木曜日

オーギュスト・ロダン《接吻》(部分)1901-4年Purchased with assistance from the Art Fund and public contributions 1953, image © Tate, London 2017




この記事をシェアする


LATEST POSTS