最新のデジタル技術と日本の伝統が出合って、幻想的な世界が広がります (写真提供・下鴨神社)

​《京都》「チームラボ」が下鴨神社で光の祭典「Art by teamLab」を開催


 最新のデジタル技術を駆使して空間をアートするクリエーティブ集団「チームラボ」が今年も、京都の世界遺産・下鴨神社を舞台に「糺の森の光の祭 Art by teamLab」を8月17日から9月2日まで開催します。

 昨年に引き続き2回目の開催となります。下鴨神社では、一過性のブームに終わらせることなく、広く京都の文化価値の向上を図ることを目的に永く継続される伝統行事としたいということです。

楼門の中には光る球体が展示されます (写真提供・下鴨神社)

 光の祭では下鴨神社の鎮守の森である糺の森を幻想的でインタラクティブな光のアート空間へと変身させます。

 チームラボは、「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っています。非物質的であるデジタルアートによって「自然が自然のままアートになる」というプロジェクトです。

 下鴨神社のイベントもその一環です。清らかで夜には深い闇が広がる糺の森の参道を光のアート空間に変身させるとともに、楼門の中の空間には光る球体を展示します。さらに、参道沿いの木々と楼門内を、光と音とデジタルテクノロジーを駆使して、人を感知すると変化するアート空間に変えます。

光る球体があちこちに浮かび上がり、この世のではないような世界を作り出します (写真提供・下鴨神社)

 西暦の紀元をはるかに遡るほど古い歴史を有する下鴨神社と、現代の最新技術を駆使したデジタルアートが出合って織りなす空間を是非、経験してください。

◆下鴨神社は、京都市左京区下鴨泉川町59。8月17日(金)~9月2日(日)、午後6時30分~午後10時(午後9時30分最終入場)、入場は糺の森南側から。平日1000円、土日1200円。小学生以下無料。8月17日(金)から19日(日)の3日間のみ使用可能な限定前売ペア券1200円(2人1組)がお得です。



LATEST POSTS