「スラヴ叙事詩『原故郷のスラヴ民族』」1912年 プラハ市立美術館 3~6世紀のスラヴ民族の姿から、連作は始まる、いずれも ©Prague City Gallery

《乃木坂》ミュシャ展 祖国への思い込めた大作

Art, CULTURE

 パリで活躍したアール・ヌーヴォーの旗手、アルフォンス・ミュシャ。流麗な植物文様で飾られた女性像など、甘く優美なポスターでおなじみだが、それは画業の一側面に過ぎない。

 故郷のチェコに行くと、ミュシャ(チェコ語ではムハと発音)の印象は変わる。首都プラハの市民会館内にある天井画「スラヴの連帯」から、1918年建国のチェコスロヴァキア共和国のためにデザインした紙幣や切手に至るまで、画家が祖国にささげた熱情が伝わってくる。中でもミュシャの画業の集大成とされるのが、スラヴ民族の苦難と栄光の歴史を描き出した全20点の連作「スラヴ叙事詩」だ。国立新美術館(東京都港区)で開催中の「ミュシャ展」を機に、チェコ国外では初となる全点展示が実現した。

#「スラヴ叙事詩『東ローマ皇帝として戴冠するセルビア皇帝ステファン・ドゥシャン』」1923年 プラハ市立美術館 民族衣装の少女たちが美しい


#「スラヴ叙事詩『スラヴ式典礼の導入』」1912年 プラハ市立美術館 9世紀、ローマ教皇の特使がモラヴィア王にスラヴ語の典礼を認める勅書を読み上げる。手前の若者が掲げる輪は、スラヴ人の連帯を示している


続きは、http://www.sankei.com/life/news/170319/lif17031900...



LATEST POSTS