「クラフトビール新酒解禁祭り2018」のイメージビジュアル

《高田馬場》「クラフトビール新酒解禁祭り2018」、4月28日(土)~5月6日(日)に開催

GOURMET, ODEKAKE

 都内最大規模のビールフェス「クラフトビール新酒解禁祭り2018」が4月28日(土)~5月6日(日)、ベルサール高田馬場(新宿区大久保)で開催されます。

 このフェスには、全国各地のブルワリー(ビール醸造所)が情熱を注いで造ったレギュラービール120種類以上に加え、レギュラービールとは違うエッジの効いた新作・限定ビール30種類以上が集結。お得な飲み比べセットもあるので、クラフトビールの奥深さを堪能できます。

「ノースアイランドビール」(北海道)の定番『コリアンダーブラック


 女子にオススメの新酒としては、「鳴子温泉ブルワリー」(宮城県)のブラッドオレンジエール『鳴子の風』や、「ティー・ワイ・ハーバーブルワリー」(東京都)のチェリーを使ったほんのり酸っぱいフルーツビール『スプリングサワーチェリー』、ヨーロッパで広く知られる“秘薬”〈4人の泥棒の酢〉に使われているハーブをピルスナーに付け込んだ、「EBINA BEER」(神奈川県)の『4人のドロボウ』などがあります。

個性豊かな新酒が楽しめます


 今回、ビールに合うおつまみのテーマは「肉」。「ネプチューン」のリーダー 名倉潤さんプロデュースの隠れ家的ステーキバル「ステーキなぐら」の『骨付きサーロインステーキ』や、韓国家庭料理の「みそり」が提供する『チーズタッカルビ』、「博多こうじ屋」の『ローストビーフ』など、魅力的な肉料理がいっぱいです。

「ステーキなぐら」の『骨付きサーロインステーキ』


 会場は、天候に影響されない屋内ホールと、開放感あふれる芝生広場があるので、その日の天気と気分で、いろんな楽しみ方ができますよ。

 今年のゴールデンウィークは、初夏の風を感じながら、クラフトビールの新酒を味わってみてはいかがでしょうか。

クラフトビールとおいしい肉料理があれば、思わず笑顔に


クラフトビール新酒解禁祭り2018

開催日時:4月28日(土)~5月6日(日) 11:00~21:00(最終日は18:00まで)

会場:ベルサール高田馬場 大ホール/芝生広場(新宿区大久保3-8-2)

入場無料

※ビールやフードはチケット制(クレジットカード、電子マネーは一部利用可/チャージは不可)

http://craftbeer-shinshu.com/



LATEST POSTS