街に潜むさまざまな魅力を、 ゆっくりじっくり、掘っていく[雑司が谷で発掘!]

おでかけ

 ガタゴトと控えめに音を立てながら、ゆっくりと走る都電荒川線。駅を降り、樹齢400年を超えるケヤキ並木が連なる参道を抜けると、緑豊かな木々に囲まれた立派な子母神堂が見えてくる…。

 都電荒川線と東京メトロ・副都心線が走る雑司が谷は、池袋から徒歩圏内のエリアでありながらも、穏やかで静かな空気が流れる下町だ。長い歴史と文化をもつ神社仏閣、町家を改装したカフェやショップが点在していて、歩いているだけでたくさんの発見がある。時間が経つのも忘れてしまうほどのんびりとした空気が心地いいこの街は、ゆっくりじっくり、街並みを味わいながら散策するのに丁度いい。

 各地から多くの作家が集まる「手創り市」が開催されていたり、商店街には小さな個人経営の老舗が立ち並んでいたり…。街に潜むさまざまな魅力を発掘する楽しみがある雑司が谷。この街で、自分だけのお気に入りを見つけに行こう。

三ノ輪橋~早稲田間を走る都電荒川線。雑司が谷エリアは、鬼子母神前駅から都電雑司ヶ谷駅までのひと駅区間

街のパン屋さん「赤丸ベーカリー」は、創業90年以上の人気店

国の重要文化財である雑司ヶ谷子母神堂(1664年建造)は、豊島区内最古の建物。安産・子育ての神様として知られており、平日でも多くの参拝者が集う。江戸時代から続く郷土玩具「すすきみみずく」も販売/1羽1800円〜 

街歩きにぴったりな、スタンプラリー形式の七福神めぐりも楽しめる。子母神堂をはじめ、大鳥神社、清立院など周辺に点在する7つの神社仏閣をめぐる約2時間のコース。色紙は子母神堂などいくつかのスポットで販売中。色紙500円(税込)

旬の食材をつかった「スプラウト」のキッシュは、毎日お昼ごろに焼きあがる


おでかけ


この記事をシェアする


LATEST POSTS