illustration: Haruka Toshimitsu

《働くオンナの救Q箱》気になる汗ジミ、何とかしたい!


Q1.汗取りパッド付きインナーを着てワキ汗対策バッチリ! …のはずなのに、汗が染み出てしまうのはなぜ?

 それは、ワキにしっかりと汗取りパッドが、フィットしていないことが原因です。よくある一般的な汗取りパッド付きインナーは、脇の真下部分にだけパッドがついているものが多いため、前側に汗が染み出てしまい、しっかりと汗をカバーできないことも。実は、ワキ汗が洋服に染み出たときにいちばん目立つ部位は脇の真下ではなく、前部分なのです。

Q2.きちんと脇にフィットするインナーは、どんな形のものを選べばいいの?

 一般的なインナーのなかでは、ノースリーブタイプよりも、脇に沿ってパッドがついている袖ありタイプの方がフィット感はあるため、汗染みを防いでくれます。ただ、夏は袖の短いTシャツや薄手のブラウスを着ることも多く、袖ありタイプだと合わせる洋服が限られてしまう、という悩みもしばしば。かといってキャミソールやタンクトップタイプを選んでも、パッドの位置がズレやすく、フィット感はイマイチ。さらにQ1の前汗問題も残ったままなので、いずれにしても悩みは解消されません。フィット感がよく、前汗も染み出ず、アウターの着こなしを邪魔しない。そうしたすべての願いを叶えるために、ミリ単位の調整を繰り返してつくりあげたのが、《セシール》の「前汗キャッチャー」です。


recommend

染みやすいワキの前部分をしっかりカバー!

 《セシール》の汗取りインナー機能「前汗キャッチャー」は、肩はノースリーブなのに、脇のくりはしっかりと脇下を覆うパターンで、汗ジミになりやすい脇の前部分をしっかりキャッチ。ピッタリ肌に密着する画期的なデザインが魅力で、ブラウスなどから袖のラインが透ける心配もない。脇まわりの強いフィット感が苦手な方は、1サイズ大きめのものを選ぶのがオススメ。

NEXT: 気になる汗ジミ、何とかしたい! - その2




この記事をシェアする


LATEST POSTS