3月にデザインフェスタギャラリー原宿で開かれたミカサエスカサのプレイベントで、傘に絵を描く参加者

《代々木公園など》傘×アートで梅雨を楽しく ギャラリーで企画展続々

ODEKAKE, ART

 本格的な梅雨に入り、傘を持ち歩く機会が増えています。街で見かける傘はビニール素材や単色などが多いのですが、デザイナーやアーティストが芸術性を発揮する〝キャンバス〟として活用する動きが広がっています。雨降りの外出は憂鬱になりがちですが、美しい傘をもって楽しくお出かけしましょう。

 生地や織物のデザイナー、鈴木マサルさんが「持ち歩くテキスタイル」をテーマにした傘の販売・展示会を6月15日(金)から、代々木公園の「CASE GALLERY(ケースギャラリー)」で開きます。ユニクロなど国内外のブランドとコラボレーションする鈴木さんが2012年から、傘の展示会「POP UP STORE」として始めました。

鈴木マサルさんがデザインしたヒョウの柄をプリントした傘


 今回も京都の老舗ムーンバットの傘に、大きく羽を広げたフクロウやヒョウなど動物のプリントを施した全48品をそろえました。作品は購入ができますが、もちろん鑑賞のみでも大丈夫です。

 デザインフェスタギャラリー原宿は6月16日(土)から、梅雨限定の企画展示「ミカサエスカサ」を開催します。ゆかりのアーティストがアクリル絵の具を使い、ビニール傘や和傘に描いた約20作品を展示します。

 展示名はスペイン語でMI(ミ)は「私」、CASA(カサ)は「家」、SU(ス)は「あなた」に由来します。「自分の家のようにくつろいで下さい」という意味通り、来場者も直径約30cmの傘に絵を描いて展示して自宅のように楽しむことができます。

ミカサエスカサに展示される傘


 身近な傘を使って、芸術を味わうのも梅雨の新たな楽しみになりそうです。

 鈴木マサルの傘 POP UP STORE

 開催日時:6月15日(金)~7月1日(日)の11:00~18:00(金・土・日は19:00、火定休)

 会場:ケースギャラリー(渋谷区元代々木町55-6)

 入場無料

 ミカサエスカサ-MI CASA ES SU CASA-アートな傘とギャラリーで

 開催日時:6月16日(土)~7月15日(日)の11:00~20:00

 会場:デザインフェスタギャラリー原宿(渋谷区神宮前3-20-18)

 入場無料



LATEST POSTS