無鴨黒の「藁焼き鴨 葱ソース」

《麻布十番》合鴨を中華風に楽しむ 脂の甘みがのった国産専門店「無鴨黒(なかもぐろ)」 

グルメ

 鴨料理と聞くと何を思い浮かべますか。鴨南蛮や鍋、フレンチのジビエとしてなど幅広いメニューがありますが、中華風に料理しても美味しさが引き立つはずです。そんな趣向のお店「十番 無鴨黒-Na Camo guro-(なかもぐろ)」が6月20日(水)、麻布十番にオープンします。

 同店は中目黒の人気店「鴨とワインNa Camo guro」に続き、山形県最上郡で育成した合鴨「最上鴨」を専門としています。中目黒はすき焼き風に調理し、上質な脂身の甘みが特徴の最上鴨の味わいを楽しむメニューですが、中華風にすることで新たな魅力を引き出しています。

カウンターとテーブルの約30席。テーブルでは火鍋のコースが楽しめる。

 メニューはコース2種類(いずれも税抜き5800円)で、小籠包や担々麺などおなじみのメニューが並びます。もちろん最上鴨に合ったワインや焼酎などお酒も用意しています。

 十番 無鴨黒(港区麻布十番2-8-6 ラベイユ麻布十番地下2階)

 営業時間:17:00~24:00 (LO21:30)  火曜定休

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13221816/


グルメ


この記事をシェアする


LATEST POSTS