「久生十蘭に捧ぐ」1982年 エッチング

《八王子》「清原啓子」展 全身全霊で制作した幻想世界

Art, CULTURE

 細密で神秘的な作品を制作し、31歳で早世した銅版画家、清原啓子(1955~87年)。没後30年を記念する展覧会が、東京の八王子市夢美術館で開かれている。

 清原が残した銅版画は30点しかなく、どれもが驚くほど緻密で繊細だ。たとえば「久生十蘭(ひさお・じゅうらん)に捧ぐ」。朽ちた建物と有機的な形の大きな植物などで構成されている。モノクロームの画面には、人の頭部や壊れた人形のようなものが横たわる。いくつもの球体が転がり、見開かれた目もある。ニードルと呼ばれる細い針のような道具で銅板に線描。執拗(しつよう)な細部へのこだわりは緊張感を生みだす。

#「領土」1981年 エッチング (いずれも八王子市夢美術館蔵)


続きは、http://www.sankei.com/life/news/171207/lif17120700...


この記事をシェアする


LATEST POSTS