山崎博「OBSERVATION 観測概念」から(1975年、東京都写真美術館蔵)

《恵比寿》山崎博写真展「計画と偶然」 “制約のなかでの表現”に注力する自称「コタツ写真家」

Art, CULTURE

 写真の面白さって、こういうことかも-。東京都目黒区の東京都写真美術館で開かれている山崎博(70)の写真展「計画と偶然」は、コンセプチュアルな山崎作品を初期から最新作まで概観できて、その魅力をよく伝えてくれる展覧会だ。

 会場を入ってすぐ、「OBSERVATION 観測概念」という1970年代に制作されたシリーズが並ぶ。これといって特徴のない住宅街の一角で撮られていて、ほぼ同じ構図。なのに、まったく違う写真に見える。昼、夜、順光、逆光、スローシャッター、階調反転…。展示解説で、すべて自室の窓から撮られていて、あえて構図を限定したうえで、どんな表現が可能なのかに挑んでいるのだとわかる。

 写真家の関心は「何を撮るか」にはなくて「どのように撮るか」。フィルムカメラを少しずつずらして写し、密着プリント上でパズルのように画像を浮かび上がらせる“ベタ焼きパノラマ写真”は、アイデアを視覚化する面白さをわかりやすく伝えてくる。

#山崎博「CRITICAL LANDSCAPE/TEN POINTS HELIOGRAPHY」から(1985年、作家蔵)


続きは、http://www.sankei.com/life/news/170420/lif17042000...




LATEST POSTS