『Untitled 人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる』

≪青海≫世界で類をみないデジタルアートミュージアム、21日(木)オープン!

ART, CULTURE

 世界でも類をみない巨大なデジタルアート専門のミュージアムが6月21日(木)に、青海のお台場パレットタウンに誕生します。都市開発を手がける森ビルとクリエイター集団「チームラボ」がタッグを組み、約1万㎡の空間にCG映像や光の演出を駆使した約50作品を展示。東京から世界に向けて、最先端の文化や芸術を発信する拠点として注目が集まります。

 ミュージアムの名称は「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」。展示は主に5つの世界で構成されます。コンセプトであるボーダレス(境界のない)の世界を表す空間では、来場者の動きに映像が反応します。来場者同士の動きが作品を通じて「連続的」なものに変化し、自分と他者の境目が消えていく演出を施しています。

『地形の記憶 Memory of Tepography』田畑をイメージしており、四季に合わせ、色彩が変化する

「呼応するランプの森 – ワンストローク Forest of Resonating Lamps – One Stroke」ランプの近くで立ち止まると、最も近いランプが強く輝き音色を響かせ、他のランプに伝播していく

 また、投影された鳥が展示室を出て移動し、ほかの作品に融合するなど有機的なつながりを感じる空間になっています。

『花の森、埋もれ失いそして生まれる Flower Forest: Lost, Immersed and Reborn』

 今回の新プロジェクトである「チームラボアスレチック 運動の森」は、身体を動かしながら、デジタルアート空間を体験することができます。物事を立体的に捉える力や想像力を養ってほしいとの思いから作られた “創造的運動空間”です。

「マルチジャンピング宇宙 Multi Jumping Universe」

 そして、このミュージアムは順路がないのが特徴です。来場者は自由に歩き回って探索し、ボーダレスな世界に迷い込んでいくようです。

 チームラボ代表の猪子寿之さんは11日の報道公開で、「もっと身体で世界をとらえ、脳内の空間認識力を鍛え、高次元で考えられる創造的運動空間つくりたかった」と話しました。ミュージアムの企画運営を担当する森ビルの杉山央さんは「2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、東京の新たなデスティネーション(旅行先)にしたい」と語りました。

 あなたも新しいデジタルアートの世界に触れてみてはいかが。


MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless

所在地:東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)

営業時間: 月~木    11:00-19:00(21:00)

      金~祝前日 11:00-21:00(22:00)

      土     10:00-21:00(22:00)

      日・祝日  10:00-19:00(20:00)

     ※最終入館は閉館の1時間前

     ※()内は2018年8月31日(金)までの特別延長時間です。

     ※営業時間はシーズンによって異なります。詳しくはウェブサイトをご確認ください。

休館日:第2・4火曜日

https://borderless.teamlab.art/jp/


LATEST POSTS