種類が豊富な『ゾネントア』のハーブティー。妊婦さんでも飲めるカフェインレスのものあります

中世から知られる植物の恵みが詰まったハーブティーとは?

GOURMET, BEAUTY / HEALTH

 Biople by Cosmekitchen(ビープル バイ コスメキッチン)がお届けする「私を支えるハーブティー」連載の第1回は、中世から知られる植物の恵みを伝え続けるハーブティーブランド『SONNENTOR(ゾネントア)』のお話です。

 先日、開かれたプレス向けの新作発表会『BIOPLE FES vol.5』で、モデルのNOMAさんと「ゾネントア」ブランド大使のベルンハルト・シュナイダーさんとのトークショーが行われましたので、その模様も合わせて紹介します。


≪ワクワクと笑顔の絶えないトークショー≫

 今回、対談に臨んだモデルのNOMAさんは、母親の仕事の影響もあり、小さい頃から動物や植物が好きだったそうです。大人になってからもその興味は変わらず、植物療法士の森田敦子先生が主宰する、ルボアのスクールで資格を取得したほどです。

 そんなNOMAさんは、ゾネントアの魅力に心を奪われているそうで、ブランド大使のシュナイダーさんとの話は大盛り上がり。自分に合ったゾネントアのハーブティーを生活に取り入れ、日々のモチベーションを維持しているとのことです。

#『BIOPLE FES vol.5』で対談するNOMAさん(左)とベルンハルト・シュナイダーさん(右)


≪ゾネントアって、どんなブランド?≫

 1988年に創設されたゾネントアは、オーストリア発のオーガニックハーブティーブランド。植物本来の香りが残っている、魅力的なハーブティーで人気を博しています。

 ゾネントアでは、月など天体の動きに合わせ、独自に調合した肥料などを使う有機栽培「バイオダイナミック農法」で育てたオーガニックハーブを使用。このハーブは、自然の力をそのまま生かして育つため、とてもパワフルで香り高いのです。

 ハーブの収穫や加工は、いまだに手作業で丁寧に行われています。そして、約850年前の中央ヨーロッパで活躍したスーパーウーマン「ヒルデガルト」のブレンドレシピを参考に、現代人の口にも合うように調合。中世の人々が受けた植物の恩恵を、この時代に楽しめるというのも、何だかロマンティックですよね。


≪初めてのハーブティーに! おすすめ2種≫

 まずは、NOMAさんも愛飲しているという『絶食のお茶』。トークショーの中でも話題になっていましたが、ムクミの解消に効果があるのだとか。また、このお茶はその名の通り、断食中にもお勧めです。

 まろやかな口当たりのなかに、ほんのりと漂う清涼感が心も体も癒してくれる一品です。

 続いて、ビープル バイ コスメキッチン×ゾネントアの『Biopleのためのお茶』。ビープル バイ コスメキッチンでしか買うことのできないアイテムで、4種類のブレンドがあります。

 どのブレンドも、ハーブを飲み慣れていない初心者でも飲みやすい仕上がりになっています。

#『Biopleのためのお茶』(左)と『絶食のお茶』


 ハーブティーのおいしい入れ方は、パッケージに記載されていますので参考にしてください。ハーブの薬効を期待したい場合は、煮出してみたりして濃いめに抽出するのがグッドです。

 ハーブを生活に上手に取り入れて、日々の暮らしを豊かにしてみませんか?


ビープル バイ コスメキッチン 私を支えるハーブティー

URL http://biople.jp/



LATEST POSTS