『ドラことば 心に響くドラえもん名言集』編:小学館  ドラえもんルーム 1200円 小学館 ©藤子プロ・小学館、『モブ子の恋』 著:田村茜 580円 徳間書店

《いか文庫》メガネ男子、かっこいイカも!


店主(以下 店):バイトちゃん、お疲れさまー!

バイトちゃん(以下 バ):お疲れさまでした!

店:最近なんかいい本あった?

バ:店主からプレゼントしてもらった『モブ子の恋』を読みました。いい話でした〜(しみじみ)。

店:おお! うれしい! どんなところがよかった?

バ:控えめで、気を遣いすぎてしまう脇役系女子のモブ子が、バイト仲間の入江くんに恋をするじゃないですか。

店:ウンウン。

バ:好きなのに何もできなかったモブ子が、自分の思いを口にするようになって、ゆっくりゆっくり恋が動き出していくところがいいなぁと思いました。

店:いいよねぇ〜。

バ:あと、この漫画を読んでいて、相手の連絡先を聞くのってこんなに難しいことだったっけ?って思ったんです。今はSNSもあるから、電話番号やメールアドレスを聞かなくても、連絡できますしね。

店:私は連絡先を聞くのは難しいと思う派だから、そのシーンで感動しちゃった。2巻は読んだ?

バ:まだです!

店:2巻は、メガネ男子の入江くんがフィーチャーされていて、帯には「この恋に、きっと恋する」って書かれているんだけど、読むと「本当に恋したー!」って思うくらいの話だったよ。

バ:はやく読まなきゃ! そういえば、店主の好みのタイプは、メガネ男子でしたね。入江くんはやっぱりタイプ?

店:ふふふ。そうなの、好きなタイプなのよねぇ。自分がモブ子になった気持ちで読んじゃって、叫びそうにもなったよ。メガネ男子といえば、最近はドラえもんの「のび太」まで素敵に思えてきたよ。

バ:え、のび太!?

店:そう、のび太。『ドラことば』っていう本を読んでいたら、のび太のすごくいいセリフがあったの。

バ:ファンや関係者たちが選んだ、印象深いセリフやオススメのシーンが集められているんですね。

店:そうなの。特にグッときたのが、のび太がドラえもんを安心させるために、一人でジャイアンに戦いを挑むシーン。ボコボコにされながらも何度も向かって行く時のセリフが、男らしくてかっこいいの!

バ:男らしいのび太、気になる!読んでのお楽しみですね!

店:ぐうたらで怠け者のイメージがあるけど、大人になったらしずかちゃんと結婚するくらいだから、根はとっても素敵な人なんだよ。

バ:店主がメガネ男子好きなのは知ってたけど、まさかのび太まで出てくるとは。

店:本屋好きのメガネ男子、店に来てくれないかな〜。

バ:メガネ男子、来てくれるといいですね。でも…ちゃんと仕事してください!

店:は、はい!




この記事をシェアする


LATEST POSTS