《荻窪》砂糖不使用!ハチミツ専門店のヘルシーなパティスリーが人気

GOURMET, BEAUTY / HEALTH

 荻窪駅前から商店が建ち並ぶ教会通りをしばらく行くと、見えてくるのが「PATISSERIE DE L'ABEILLE(パティスリー ドゥ ラベイユ)」。昨年12月にオープンしたばかりの洋菓子店です。GINZA SIXなどにも店を構える地元のハチミツ専門店「L’ABEILLE(ラベイユ)」の運営で、砂糖と人工甘味料一切不使用の、はちみつを使った焼菓子や生菓子を販売しています。平日も訪れる人が絶えない人気店です。

フランス・プロヴァンス地方の店をイメージしたという外観


 黒を基調とした、まるでフランスの街角にあるお店のようなシックでオシャレな雰囲気の外観に胸が躍ります。中に入ると、焼きたてのショーソンオポム(アップルパイ)とハチミツの甘い香りに包まれます。窓から優しい光が差し込む店内には、青い花が描かれたタイル張りの床に、落ち着いたダークブラウンの木製のテーブルや棚が据え付けられ、美味しそうな焼菓子や生菓子がずらり。棚の天板は暗い色合いの大理石が使われており、高級感が漂っています。奥の厨房はガラス張りで、シェフのスイーツ作りの様子をついつい眺めてしまいます。

シックでオシャレな店内


 一番の人気商品は、「ショーソンオポム」(378円)。中には、スペイン産リンゴのハチミツで煮込んだふじがたくさん入っています。シャクシャクとしたリンゴの食感と、ハチミツの持つ焼きリンゴのような香りとコクのある甘みが楽しめます。「フィナンシェ・オ・ミエル・ナチュール」(324円)は、カラメルのような香ばしさと濃厚な甘味が魅力のスペイン産森のはちみつと、スタンダードな味わいのハンガリー産アカシアを使いました。焼きたてはとくに、森のはちみつの複雑で濃厚な香りと甘みが楽しめ、ハチミツ好きにはオススメの一品です。

「ショーソンオポム」(378円)


「フィナンシェ・オ・ミエル・ナチュール」(324円)

NEXT: ハチミツ好きにはたまらない、あのケーキも



LATEST POSTS