「本日は閉店なり」いか文庫×東京イカ・スポット![わたしたちのTOKYOガイド]

COLUMN, ODEKAKE

店主(以下 店) :バイトちゃん!この「東京イカ・スポット」、バイトちゃんがリストアップしたんだって!?

バイトちゃん(以下 バ) :そうですよ〜!本当はまだまだあるんですけどね…。

店:えっ!まだあるの!?私が行ったことがあるのが1店舗だけなのがちょっと悔しいくらいだよ。イカって、いろいろあるんだねぇ。

バ:イカが鍋にドーンと乗ったイカ鍋とか、イカの活き造りが食べられるお店とか、塩辛専門店とか!

店:すごいなぁ!

バ:東京には各都道府県のアンテナショップもあるので、そこには各地域限定のイカのおつまみも売っていて。そういうものも紹介したかったんですけどねぇ。

店:ストック、どれくらいあるの?

バ:数えてないけれど50くらいかな…。

店:1カ月毎日行ってもまわりきれないってことかー!

バ:今回はイカ専門店を中心に選んだのですが、専門店でなくても「このお店のイカ料理を食べてほしい!」というメニューもあげたら、いくらでも…。

店:私はそこまでイカが好きなわけじゃないんだけど、いか文庫を始めてからは、イカが気になってしょうがないのよね。

※いか文庫という名前は、開店当時、店主がたまたまイカの形のスマホケースを使っていたことに由来する

バ:いいことですね〜。

店:このスポットの中で私が唯一行ったことのある「やきや」もめちゃくちゃおいしかったし、「IKAYAKI STAND」も行ってみたくて仕方ないし!

バ:「やきや」は一つの世界が出来上がっているというか…。すごい空間ですよねぇ。

店:他にはなかなか無い空間だよね。

バ:「やきや」には"いかみみ焼"と"いかげそ焼"というメニューがあるので、両方を頼んでどっちが好きかを友達同士で語り合ってほしい!それがおすすめの楽しみ方です。ちなみに私は"いかみみ焼"派です!

店:私も食べ比べたはずだけど忘れちゃったから、もう一回行かなきゃ!

バ:ぜひぜひ!

店:そういえば最近、ピアス買ったんだけどね。

バ:ピアス?

店:そう。ゴールドの華奢な、垂れ下がっているタイプのピアスなんだけど。それがね、どう見てもイカに見えるの。いか文庫やってなかったら、「これはイカだ!」って思わなかったと思うのよね…。

バ:私は昔からイカ好きだから、なんでもイカに見えちゃうところがあって。

店:やっぱり!?

バ:矢印とか、パイロンとか、どう見てもイカですよね~。あとは、シャンデリアとか!「東京」って文字もイカに見える。

※パイロンとは、工事現場などにある三角の形のカラーコーンのこと

店:さすがだわ…。

バ:イカ好きあるあるです!あと、もう一つイカ好きあるあるといえば、なんでもダジャレにしちゃうところ。「イカないと!」「ま、いっか!」など。

店: それ!私も同じこと思ってた!これもイカの魅力だね~。もっともっとイカ好きになりたいので、バイトちゃん、イカスポットに連れて行ってくれなイカ?

バ:いいですよー。ではとっておきのイカ団子を食べにいきましょう!



LATEST POSTS