スパイダーマンを演じるトム・ホランド。世界で大ヒットを記録し、続編の製作も決定した

映画「スパイダーマン:ホームカミング」 15歳、心躍る若きヒーロー

Movie/TV series, CULTURE

 トビー・マグワイア(42)やアンドリュー・ガーフィールド(33)が演じたスーパーヒーローの3度目のシリーズ化「スパイダーマン‥ホームカミング」が11日、公開される。監督にはジョン・ワッツ(36)、主演にトム・ホランド(21)という新進の2人を大抜擢(ばってき)。若々しく力強い作品に仕上がった。(岡本耕治)

 超人的な能力を得た15歳の少年、ピーター・パーカー=スパイダーマン(ホランド)。彼はトニー・スターク=アイアンマン(ロバート・ダウニー・ジュニア)らが人類を守るために結成した「アベンジャーズ」入りを切望し、街をパトロールする毎日。ある日、彼は地球外物質を使った犯罪を目撃。背後にいるトゥームス(マイケル・キートン)の存在に気づく…。

 巨大なフェリーが真っ二つに割れるなど迫力のある映像満載の本作。総製作費は約1億7500万ドル(約193億円)といわれ、「僕の前作『COP CAR/コップ・カー』の100倍以上だよ」とワッツ監督は笑う。

#「予算が豊富な作品だと、満足いくまで撮り直しができる。これは気持ちよかった」と語るジョン・ワッツ監督(岡本耕治撮影)


続きは、http://www.sankei.com/entertainments/news/170811/e...


この記事をシェアする


LATEST POSTS