台湾で人気のお土産「ねこレーヌ」

《銀座》台湾で人気のおいしいお土産「ねこレーヌ」 シネスイッチ銀座で限定販売中

GOURMET

 昨年の発売以来、台湾を訪れた観光客の人気を集めているマンゴー入りマドレーヌ「ねこレーヌ」が、中央区銀座の映画館「シネスイッチ銀座」で限定販売されています。

 この販売は、シネスイッチ銀座で現在公開中の映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」とのコラボ企画。映画を見ない人でも、劇場の売店で買うことができます(1個400円)。もれなく、「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」の特性缶バッチが付いてきます。

 「ねこレーヌ」を開発し、製造しているのは、台湾・台南にあるベーカリーとケーキの店「玉置麺包&珈琲」の日本人オーナー・パティシエの玉置氏。地元で採れたアップルマンゴーと日本産や台湾産の厳選された小麦粉にバターを加えたこの焼き菓子は、ほどよい甘さと独特の食感で「台湾一おいしい」と評判です。

#ねこレーヌには、台湾・台南産のアップルマンゴーがたっぷり入っています


 シネスイッチ銀座は今回、「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」の公開に合わせ、台湾でしか手に入らない「ねこレーヌ」を特別に現地から取り寄せました。

 猫好きの皆さん、数に限りがありますので、早めにシネスイッチ銀座へ!


ねこレーヌ限定販売

販売場所:シネスイッチ銀座(中央区銀座4-4-5)

価格:1個400円(税込み) 「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」特性缶バッチ付き

※箱での販売はなく、1個ずつの販売となります



LATEST POSTS