《明治神宮前など》264種類のクラフトカクテルを体験! 「東京カクテル 7デイズ 2018」、18日(金)に開幕

GOURMET, ODEKAKE

 “進化するクラフトカクテル”が体験できる「東京カクテル 7デイズ 2018」が18日(金)~27日(日)、渋谷区神宮前の『エコファーム Café 632』や、都内のバーなど66店舗で開催されます。

 カクテルイベントはこの10年、ロンドンなどさまざまな都市で催され、バー文化やカクテルを堪能できる“場”として人気に。今年で2回目となる「東京カクテル 7デイズ」は、規模を拡大。東京のトップバー66店舗が参加し、計264種類のクラフトカクテルが味わえます。

 今回のテーマは「TWIST your MOMENT ! /日常にツイストを!?」。参加店舗のバーテンダーらが、日常の3つのシーン“DAY TIME”と“SUNSET TIME”、“NIGHT TIME”をイメージしてカクテルを考案。カクテルパスポート(前売り3800円/当日券 4500円)を購入すれば、イベント期間中、こられの創作カクテルをスペシャルプライス(1杯1000円/税・チャージ別)で飲むことができます。

T.G.I.F. Gimlet / Butler(銀座


Bury me / Pavillion(中目黒


 メイン会場となる『エコファーム Café 632』には18日からの3日間、「バカルディ8」や「ビーフィーター」など、8ブランドのポップアップバーが登場。カクテルパスポート持参者は、1ブランド1カクテル、合計8種類の旬のカクテルを無料でテイスティングできます。

 また、カフェの中心にある中庭には、カクテルマルシェカウンターを設置。季節のハーブや野菜、フルーツを使ったカクテルや、カクテルアイスを味わえます(有料)。

カクテルアイスと、ハーブなどを使ったカクテル


 初夏の爽やかな風を感じながら、最先端のクラフトカクテルを体感してみてはいかがでしょうか。


東京カクテル 7デイズ 2018

開催場所・期間① Village(メイン会場) 『エコファーム Café 632』(渋谷区神宮前6-32-10)/5月18日(金)~20日(日)16:00~21:30

開催場所・期間②:渋谷や恵比寿、新宿、六本木などにあるバーホッピング対象店/5月18日(金)~27日(日)

参加カクテルパスポート価格:(前売り3800円 19日まで/当日券 4500円)

https://cocktailbar.jp/7days



LATEST POSTS