パン好き、コーヒー好きのための年に1度の祭典「ぎんざでパンとコーヒー 2017」

《銀座》年に1度のパンとコーヒーの祭典 三越で

GOURMET, ODEKAKE

 パン好き、コーヒー好きは銀座へ集まれ!!
 東京・銀座の「銀座三越」では25日(火)まで、〝パンが好き、コーヒーが好き〟という人たちのための年に1度の祭典「ぎんざでパンとコーヒー 2017」を開催しています。

 行列の絶えない人気ベーカリーなど12ブランドのパンや、有名ロースタリーなど6ブランドのコーヒー、さらにパンのおともになるピーナツバターやハチミツなど4ブランドが一堂に会し、パンとコーヒーの香りに包まれた会場になっています。

#

「ファンゴー」の「ハニーベイクドハム サンドウィッチ」( 864円)はイートインのコーナーでいただけます


 パン部門では代々木八幡の人気ベーカリー「365日」や、渋谷や新宿の「ゴントランシェリエ」など、都内の有名店をはじめ、福岡から「オスピターレ」からなど全国各地の名店が並びます。

#

幸せを感じる歯ごたえと豊かなバターの香りがたまらない「ゴントランシェリエ〉」のクロワッサン


 365日は、革新的なパン職人として注目を集めるパティシエ出身の杉窪章匡シェフが2013年にオープンさせた、パンマニアなら誰もが知る人気店です。店名は、4年に1度の2月29日だけを定休日とすることから名付けられたそうです。
 365日のパンは、国産小麦をはじめとする日本の食材を使ったものばかりで、パンに使うカレーやジャム、ベーコンやハムに至るまで、そのほとんど自家製を使っているそうで。今回のイベントで紹介するのは、モチモチのカカオ生地にサイコロ状のチョコレートを練り込んだ「ショコラ」や、豚挽肉を使って7種のハーブとスパイスで仕上げたキノコ型の「カレーぱん」など約20種。その日の朝焼き上げたパンが銀座で手に入るという幸せが味わえます。

#

人気店「エディアール」と「ビゴ」によるこのイベント限定のコラボで登場したのは、オランジュ ポンポネット


 また、大阪や神奈川の有名パン店6店の食パンも取りそろえています。ポートランド発祥で質にこだわるドーナツを提供する「カムデンズ ブルースタードーナツ」や、ローマの名店で修業を重ねたピザ職人、嶋岡氏のピッツェリア「アルターイオ」などが登場し、世界で広がるパンの魅力も味わえます。

#

「カムデンズ ブルースタードーナツ」


#

「パン ド サンジュ」のとびばこパン


 かたや、コーヒー部門では、現地での仕入れ、焙煎、販売を店主自ら行う中米産スペシャルティコーヒー専門店「カフェテナンゴ」や、世界で流通しているコーヒーの中でもトップ5%しかない品質を持つ豆を取りそろえ、アメリカスペシャルティコーヒー協会認定の審査員がえりすぐった豆がそろう、〈アマメリアエスプレッソ〉などが登場します。
 また独自のコーヒー文化を有する街、京都からは創業者の名を冠した歴史あるブレンド「龍之助」が看板の老舗「前田珈琲」と、コーヒーの抽出技術やラテアートの大会で入賞経験を持つバリスタを数多く輩出する「小川珈琲」が参加します。

#

いずれも個性派の6店のコーヒー店が参加します


 新しい商業ビルが相次いでオープンしたり、なにかと話題の多い銀座ですが、パン好き、コーヒー好きはぜひ、このイベントに足を運んでください。


◆「ぎんざでパンとコーヒー 2017」は、東京都中央区銀座4-6-16の「銀座三越」7階催事場で、25日(火)まで。午前10時30分~午後8時。問い合わせは☎03・3562・1111。
詳しくは、http://www.miguide.jp/ginza/bread-coffee/




LATEST POSTS