アートアクアリウム最大の作品「超・花魁(おいらん)」

《日本橋》金魚、風鈴、花火…江戸から続く〝涼〟を集めた「ECO EDO 2018」が開幕


 うだるような夏の日差しの中でも、風鈴の音色や水槽の金魚に気付くだけで暑さが和らいだ気持ちになります。昔ながらの暑さをしのぐ知恵には、冷房とは違う風流な〝涼〟を感じますね。そんな江戸時代のエコな工夫を現代風にアレンジしたイベント「ECO EDO 日本橋 2018」が7月6日(金)に開幕します。

 今年は、日本橋が発祥とされる花火を、音と光の演出で表現したデジタルアート「ミナモハナビ」が仲通りを彩ります。福徳神社の森には色とりどりの風鈴約200個を集めた小道をつくり、目も、耳も楽しませてくれます。

約200個の風鈴が並ぶ福徳神社の森

 また、併催する水族アート展覧会「アートアクアリウム 2018~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム」は、金魚やニシキゴイなど約8000匹の観賞魚がデザイン性の高い水槽で泳ぎます。最大の「超・花魁(おいらん)」と名付けられた作品は、高さ2.5mの巨大金魚鉢などに花街の女性をイメージした約3000匹が舞い泳ぎ、涼やかな色気を感じさせてくれます。

NEXT: 水槽を見上げて観賞する「天井金魚」も



LATEST POSTS