© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

《映画でぶらぶら》憎悪と恐怖に満ちたモーテルでの恐ろしき一夜を、映像を通して体験する

COLUMN, MOVIE/TV SERIES, CULTURE

 警察による黒人への不当な逮捕や銃撃が社会問題化しているアメリカ合衆国。その背景には、長い人種差別の歴史がある。『デトロイト』は、この根深い社会問題を、1960年代に実際に起きたある事件を通して描き出す。監督は、戦場での軍爆弾処理班の活動を描いた『ハート・ロッカー』や、ビンラディン捜索とその殺害を追った『ゼロ・ダーク・サーティ』と、近年、社会派の骨太な作品で話題を集めるキャスリン・ビグロー。

 黒人たちによる暴動が過熱し、軍隊が街を包囲する1967年夏のデトロイト。戦場のような緊迫した雰囲気の中で、市民たちはそれぞれの夜を過ごしている。ボーカル・グループ、ザ・ドラマティックスのリード・ボーカルを務めるラリーは、帰宅中に暴動に巻き込まれ、メンバーの弟で、友人のフレッドとモーテルに逃げ込む。宿泊中の白人の女の子二人と仲良くなるラリーたちだが、別の部屋で遊んでいた黒人青年たちは、彼らに突っ掛かり、酔った勢いでおもちゃの銃を発砲する。だがその悪ふざけがある悲劇を引き起こす。

 発砲音を聞き、モーテルに押しかける軍と警官たち。なかでも若い白人警官らは、間違った正義感に取り憑かれ、捜査という名目で宿泊者たちを徹底的に痛めつける。モーテルという狭い空間の中で、警官たちの暴力はエスカレートし、集団ヒステリーに近い状況を生み出していく。街での暴動の様子をドキュメンタリー風に描く前半に対し、後半の展開はまるでホラー映画のような恐ろしさを見せる。

 警官たちのあげる罵声と打撃音。身に覚えのない罪の自白を迫られた青年たちの悲鳴と嗚咽。揺れ動くカメラは、憎しみに満ちた警官らの顔を執拗に追いかけ、レイシズムに取り憑かれた者の醜悪さをイヤというほど映し出す。ひとり、ジョン・ボイエガ演じる黒人警員だけが、理性を保ち、この事態を冷静に見つめている。だがこの悪夢を終わらせる方法は、彼にもわからない。

 残酷な暴力描写は、観客たちの感情を強く刺激し、動揺させる。私たちは、モーテルで主人公たちが遭遇した一夜を、映像を通して体験させられるのだ。映画の後味は悪い。なぜ今、この映画がつくられなければならなかったのか。その答えは、映画を見終えた後も、観客の頭のなかを漂い続ける。

白人警官クラウスを演じたイギリス出身の俳優ウィル・ポールター。その鬼気迫る演技は、圧倒的

This Month Movie『デトロイト』

 1967年夏、デトロイトの街では、市警の不当な弾圧に対する黒人たちの怒りが、略奪や暴動を引き起こしていた。そんなある夜、アルジェ・モーテルから一発の銃声が響く。街を警備中の軍隊や警官らは、モーテルに乗り込み宿泊客全員を尋問するが、銃は見つからない。苛立つ警官らの捜査は、やがて陰惨な暴力へと発展していく。デトロイト暴動の裏で実際に起きた、一夜の出来事を映画化した衝撃作。

1月26日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開。

監督:キャスリン・ビグロー
出演:ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールター

旧作もcheck!

『ジャージー・ボーイズ』

©2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC ENTERTAINMENT

 ポップス・グループ、ザ・フォー・シーズンズの夢と挫折を描いた本作。一方『デトロイト』は、黒人ボーカル・グループのザ・ドラマティックスの知られざる一面を描いた作品でもある。

監督:クリント・イーストウッド

Blu-ray発売中 2381円
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

NEXT: 今月のはしごムービー



LATEST POSTS