新しい体験型エンターテインメントショー「FUERZA BRUTABRUTA」(フエルサブルータ)の最新作「FUERZA BRUTABRUTA WA!」

​​​《品川》超絶パフォーマンスの「FUERZA BRUTA WA!」 日本での世界初公開を前に制作発表会見

Stage, CULTURE

 南米アルゼンチン発で世界30の国と地域で500万人以上を魅了している新しい体験型エンターテインメントショー「FUERZA BRUTABRUTA」(フエルサブルータ)の最新作が今年8月、世界に先がけて東京で初公開されます。

#

「フエルサ ブルータ WA!」の特徴は水。観客の頭上には巨大なプールが現れます


 16日には、公演会場となる東京・品川の「品川プリンスホテル ステラボール」で、チーフ・アンバサダーに就任した俳優で演出家の岸谷五朗さんらが出席して制作発表記者会見が開催され、岸谷さんはフエルサブルータの魅力を熱く語りました。

#

「フエルサブルータ WA!」の魅力を熱く語る岸谷五朗さん=東京・品川の「品川プリンスホテル ステラボール」 (写真・田中幸美)


 「フエルサブルータ WA!」と名づけられた最新作は構想に10年、日本にインスパイアされて創られたアルゼンチンと日本の共同制作の意欲作です。
 岸谷さんはニューヨークで、前身となる作品「ビーシャ・ビーシャ~デ・ラ・グアルダ」を見て、「素晴らしい芝居、さまざまなパフォーマンスがひしめき合い沸点が上がっているマンハッタンの中でとんでもないショー」と注目したそうです。その後2007年に、よりバージョンアップした作品「フエルサブルータ」を見て「度肝を抜かれた」と話していました。

#

「WA!」というだけあって、随所に和風の演出が盛り込まれています


 そして今年3月、フエルサ ブルータ発祥の地であるアルゼンチン・ブエノスアイレスで入念なリハーサルを行っていた「フエルサブルータ WA!」の出演者やスタッフのもとを訪れ、作品への理解を深めました。とくに、演出家ディキ・ジェイムズとは同い年で同じ演出家ということもあり、意気投合した仲だそう。

#

「フエルサブルータ WA!」の特徴は水。観客の頭上に現れた巨大なプールは手が届きそう距離です


 岸谷さんは「初演をみなさまにプレゼンできるのは本当にうれしい。私は50代ですが、80代以上の人にも、もっと下の10代のキッズまですべての方に楽しんでもらえる作品です」と話していました。
 さらに後輩アンバサダーとして俳優の大谷亮平さんとファッションモデルで女優の松井愛莉さん、俳優の古沢亮さんを紹介。松井さんと吉沢さんは2年前にフエルサ ブルータを体感したそうです。「頭上からプールが降りてくるのが印象的」(松井)、「透明なプールは手が届く位置でドキドキ」(吉沢)と話していました。未体験の大谷さんは「稽古映像を見たら斬新で、今まで見たことのない体験になるはず!」と期待を膨らませていました。

#

チーフアンバサダーの岸谷五朗さん(左から2人目)を中心に「フエルサ ブルータ WA!」の魅力について語り合う古沢亮さん(左端)、大沢亮平さん(右から2人目)、松井愛莉さん(右端)の各アンバサダー (写真・田中幸美)


 「フエルサブルータ」とはスペイン語で「獣の力」という意味。「WA!」は、和風、調和、平和、そして輪をイメージして名付けられたと岸谷アンバサダーが解説。また、「ワオ!」という驚きの意味も込められているそうです。

#

「フエルサ ブルータ WA!」の「WA!」のポーズを取る4人のアンバサダー


 そして、リハーサル映像を紹介しながら3つの見どころを解説。1つ目は、頭上に出現するプールです。公演中、観客の頭上、それも手の届くところにプールが現れ、パフォーマーが泳いだり、飛んだり跳ねたりするシーンを目の当たりにできるそうです。「とても幻想的で透明なプールに広がる波紋が芸術を生み出します」と岸谷さん。また今回、世界で初めて品川ステラボールだけに、プールの上からパフォーマンスを見ることができる2階席が設置されるそうです。

#

観客の頭上にプールが出現するなんてこれまでの舞台の常識では考えられないことです


 2つ目は、超絶なサムライ&ニンジャ アクション。ワイヤアクションではニンジャが壁を走り、人々が宙を舞います。以前、岸谷さんはこのパフォーマンスに度肝を抜かれ、新宿コマ劇場で上演した自身の演出した舞台「地球ゴージャス『HUMANITY』」に取り入れたそう。「パクリました」と白状し、「今回のフエルサブルータはこんなもんじゃありません」とPRしていました。

#

迫力のワイヤアクション


 さらに、3つ目は、無重力の舞台です。とくに本邦初公開となる摩訶不思議な芸者パフォーマンスには会場から驚きの声が上がりました。艶やかな芸者が天と地をまるで鏡を写すかのように天地対象となって歩き、舞い、帯状の雲がたなびきます。天を歩く芸者は頭が下で真っ逆さまと、まるで無重力状態です。ありえない衝撃的で幻想的な光景でありながら、日本を思わせる叙情的な美しさです。

#

幻想的で摩訶不思議で、まるで無重力であるかのような芸者パフォーマンス


 岸谷さんによると、最新のテクノロジーの装置や道具を駆使する一方で、観客の中に分け入って誘導し、いつの間にかパフォーマンスに参加している状態に導くスタッフが秀逸ということです。「それも世界で1つしかないフエルサブルータの魅力です」と感心していました。

#

ワイヤを使った摩訶不思議なパフォーマンスの連続です


 そして、映像の後には、厳格なオーディションを勝ち抜き、アルゼンチンで2カ月間の稽古を積んだ日本人パフォーマーが登場。たくさんの紙吹雪が舞う中で、タンゴの音楽に乗って軽快でキレキレのダンスを披露すると、会場はフエルサブルータの世界観に飲み込まれました。

#

日本人パフォーマーによって軽快なダンスが披露されると会場は瞬く間に「フエルサブルータ」の世界に引き込まれました (写真・田中幸美)


#

日本人パフォーマーによる軽快なダンスに会場は魅了されました (写真・田中幸美)


 そして、日本人パフォーマーを代表して祝陽平さんが「厳しい練習をアルゼンチンで積んできたパフォーマンスをいよいよみなさんにお見せできる日が近づいています。とにかく会場のはじからはじまで一体となって楽しめるパフォーマンスになっていますので、ぜひご友人などを誘って体感しに来てください」とあいさつしました。祝さんは、男子新体操の名門、青森山田高校(青森市)の出身で、アクロバットとダンスを融合させたパフォーマンス集団「BLUE TOKYO」のサポートメンバーにも名を連ねています。

#

日本人パフォーマーを代表してあいさつした祝陽平さん (写真・田中幸美)


 言葉では表現し尽くせない摩訶不思議な世界が広がる「フエルサブルータWA!」。この夏必見のエンターテインメントです。

#

最後はアンバサダーと日本人パフォーマーが集合してPR (写真・田中幸美)



◆「フエルサブルータWA!」は、8月1日(火)~9月30日(土)、東京都港区高輪4-10-30の「品川プリンスホテル ステラボール」で。
1Fはすべてスタンディングで前売り7600円、当日8700円。2F指定席は、前売り1万800円、当日1万2000円。2FVIP席(モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル ミニ モエ(200ml)1本、プログラム、オリジナルグッズ付き)は、前売り1万5000円(すべて税込み)。
チケットは5月27日(土)午前10時から発売。取り扱いは☎0570・550・799(キョードートーキョー)
オフィシャルサイトは、http://fbw.jp/



LATEST POSTS