ベッドサイドや窓際にも桜が飾られ、お部屋でもお花見気分が満喫できます=京都市下京区のリーガロイヤルホテル (写真・田中幸美)

《京都》一年で最も美しい季節 部屋でもお花見が楽しめます リーガロイヤルH

GOURMET, LIFESTYLE, ODEKAKE

 春本番を思わせる暖かい日が続く1200年の都、京都。いよいよ1年で最も美しく華やぐ桜の季節を迎えます。

京都で最も古い神社、上賀茂神社の斎王桜。4月上旬に見ごろを迎える見込み=2015年4月 (写真・田中幸美)


京都の桜はさまざまな種類があり、順番に咲いていくので比較的長くどこかで桜が楽しめますが、仁和寺の背の低い御室桜が咲くと、そろそろ桜シーズンも終盤です=2016年4月 (写真・田中幸美)


 昨秋、ホテルに戻ってからももみじ狩りが楽しめるように紅葉でコーディネートした部屋が好評だった「リーガロイヤルホテル京都」(京都市下京区)では、たくさんの桜でコーディネートした「お花見ルーム」の宿泊プランを4月21日まで、毎日1室限定で売り出しています。

お部屋の扉を開けると、そこはもう桜の園です!


 さらに、ホテル最上階の回転展望レストラン「フレンチダイニング トップ オブ キョウト」では、店内に桜の生木を飾り、〝プチお花見〟をしながらお食事が楽しめる「幸せ満開 お花見フレンチ」を実施します。

桜と都の景色を両方楽しめる贅沢なレストランです (写真提供・リーガロイヤルホテル京都)


 お花見ルームのお部屋は、54平方メートルのゆったりとした畳のリビングとローベッドの和洋室タイプ。ベッドサイドやテレビの脇、テーブルの下の小皿など部屋の至るところに桜のアートフラワーをあしらって、1日中お花見が満喫できるようになっています。

部屋の至る所に桜がディスプレーされています


テーブルの下に置かれた桜


 このプランには、京都市営地下鉄と市バス・京都バスが乗り放題の「京都観光1日乗車券」と、ホテルオリジナル桜マップ、館内レストランの夕食割引チケットの特典が付いています。料金は、朝食付きで1室2人利用で3万4000円~、3人利用で4万5000円~。
 畳のリビングでゆったりとくつろぎながらお花見が楽しめるなんてサイコーですね!

ホテルオリジナルのマップを手にお花見に出かけましょう


 そして、おなかが空いたら展望回転レストランへGO!。ホテル最上階のレストラン「フレンチダイニング トップ オブ キョウト」は、知る人ぞ知る京都で唯一の回るレストランです。
 全席窓際で360度移りゆく景色を眺めながら、朝は爽やかに、昼は開放的に、夜はロマンチックにフランス料理を楽しめるレストランです。桜のこの時期には町のあちこちがピンクに染まる様子が食事をしながら楽しめることでしょう。そんなレストランフロアの一角に桜の生木をディスプレーし、どんなお天気でもお花見が楽しめる空間を提供しています。

カクテルやワインなども充実しています (写真提供・リーガロイヤルホテル京都)


 朝にはフランスの三ツ星レストランで研鑽を積んだシェフ中田が手掛ける、京都の食材を使用したこだわりの朝食を、ランチ・ディナーでは春の食材を使用した彩り豊なフランス料理からお好きなコースを選べます。女子会やカップルはもちろん、お祝いや歓送迎会の多いこの季節に、それぞれのシーンに合わせて利用したいものですね。  (写真はすべて田中幸美)

東寺の五重塔を長めながらの朝ごはんは格別です (写真提供・リーガロイヤルホテル京都)

◆「リーガロイヤルホテル京都」は、京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町1。お花見ステイプランは4月21日(土)までの毎日1室限定、申し込みは☎075・361・3333(宿泊予約課)まで。
◆お花見フレンチは、18日(日)~24日(土)、4月1日(日)~7日(土)、15日(日)~21日(土)の3期にわたって、それぞれ朝食、ランチ、ディナーを楽しめます。問い合わせは、☎075・361・9221(フレンチダイニング トップ オブ キョウト)



LATEST POSTS